石和温泉ユースホステルを経由~やまなし旅行記~

ユースホステルを利用する山梨旅行人の石和温泉旅行記より
 ←左のボタンをクリックすることでデザインを変更できます!(要JavaScriptオン)

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

又、先の本に戻ります!

01月30日(金)22時46分
(つづき)又、先の本に戻ります。印象的な言葉をいくつか羅列しておきます。84才まで生きた山県有朋の死に際し、後に総理大臣になった石橋湛山は「死もまた社会奉仕」と評した。「待ちぼうけ」「からたちの花」などの作曲家山田耕筰79才、葬式には5000人の会葬者があったが、生前の放縦な生活がたたって彼の息子も娘も来なかった。彼の一番目の妻は「残酷で、浮気で、彼の人間性はゼロです。」と言った。ミケランジェロ89才まで、彼の晩年の言葉「人間の誕生日は喜びの日ではなく、悲しみの日とすべきだ」彼の言葉に影響されて1句。『誕生日妻子は祝ってくれるけど』もう1句『元旦の朝の冷気をもう一度』(おわり)

2009.1.13 大津市 ミッキー
スポンサーサイト

石和Y.Hのファンの一人になりました!

01月30日(金)21時00分
(つづき)今日、朝食時おばあちゃん(皆さんがそう呼んでいるから、そう書かしてもらいましたが私との年令差では姉さんというところなのです)が話しかけて下さり、「良い宿に泊まって良かったなあ」ということを実感しました。おまけに、立派な干柿まで頂いてすっかり石和Y.Hのファンの1人になりました。食事はおいしいですね。(昨夜の根菜の煮物はすばらしい。妻が仕事を持っているので、土・日以外は専業主夫である私には、大根・人参・里芋・コンニャク・切りコンブ入りの薄味の煮物は帰宅後すぐにでもマネしてみたい味でした。)このノート、最初から全て読ませて頂きました。7月の桃と9月?10月のブドー、4月のランニング大会、みずがき山の登山もありましたね。良く覚えておきます。マルスワインの試飲、昨日も今日も行ってきました。ワインの小瓶も昨日の夕食で一本飲みました。今日は赤白1本づつ買いました。明日の電車旅行中の楽しみです。それからもう一つ、今日の夕食はY.Hで用意できないということでしたので、マルスワインの向いにある小さな寿司屋に行きました。午後6時から営業しています。値段も手頃でおいしかったです。寿司の好きな私にはこちらに来る楽しみの一つになりそうです。(つづく)

2009.1.13 大津市 ミッキー

最近珍しい本に出会いました!

01月30日(金)12時00分
昨日、大津から来て2泊して明日大津へ帰ります。最近珍しい本に出会いました。山田風太郎著「人間臨終図鑑」といいます。世界の著名人、15才?121才で死んだ人々933人の最後の時を集めた本です。300ページをこえる本3巻を図書館で借り1月30日までに返さなければなりません。2日分残っていた青春18切符と2冊の本を持って電車に乗りました。朝6:00家を出た頃雪がちらほらしてました。関ヶ原では田畑が真白でした。浜松でウナギ弁当とビールを買い、その後富士山を眺めました。道中その程度の記憶しか残らないほど本に熱中していました。人生の終りはそれぞれの人生の集約であり、又老いはそれまでの生き方とかけ離れた場面を見せることもあります。良質の短編小説集といってもよい本だったのです。今日は笛吹川の川べりを中心に約14kmのウォーキングの後、足湯につかって3時間半本の続きを読みました。1冊め読了、2冊めのあと200ページは明日帰りの電車で読了できそうです。これまで好感を持っていた文化人が意外に嫌な人だったり、そんなに好きではなかった人がすばらしかったりと興味はつきません。初めての石和温泉への旅は「人間臨終図鑑」を読む旅でした。・・・・(明日へつづく)

2009.1.13 大津市 ミッキー

県立博物館に行ってきた。入館料500円也!

10月29日(水)22時31分
朝から雨なのでこの様な日は文化活動という事で県立博物館に行ってきた。入館料500円也!縄文時代の音が聞こえますという事で係りの人が天井から吊るした縄上のスピーカーをすすめるので聞いてみた。イノシシをヤリか何かで仕止めるシーンだろうか?結構面白かった。各コーナーにあるタッチパネルの画面を押すといろいろ解説出る仕組、最近の博物館は進んでます。山梨県の歴史がよくわかるので雨の日はgood!午後は近くの「なごみの湯」で温泉三昧!

平成20年8月28日 Bianco NERO

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

山梨旅案内人

Author:山梨旅案内人

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

お知らせ
ホールにこのブログの原型となる旅日記ノートを置いています。山梨旅の思い出を綴ってみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。