石和温泉ユースホステルを経由~やまなし旅行記~

ユースホステルを利用する山梨旅行人の石和温泉旅行記より
 ←左のボタンをクリックすることでデザインを変更できます!(要JavaScriptオン)

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

大蔵経寺山715.6m

04月07日(水)21時58分
石和温泉の東側にデ?ンとそびえ立つ大蔵経寺山715.6mに登った。以前からこのYHに宿泊し気になっていた低山だ。久々の11月以来の登山である。11月は日帰りで甲州高尾山に登ったが久々に足が痛い。気温が高いので展望の良い地点でも遠くは見えなかった。当然富士山も見えない。下山は山の裏側、長谷寺経由とした分岐点前の視界が広がる地点では甲府の町並みが望めたが全体が春霞の中であった。一句浮かんだ!「春霞白銀浮かぶ盆地かな」地中海風トマトスープ鍋、美味しくいただきました。ワインも美味!

平成22年2月25日 Bianco Nero
スポンサーサイト

24日は千頭星山へ行くのだ!

12月23日(水)00時06分
今日も全くガスが取れなかった小金沢山、でも今回は大菩薩峠の介山荘にてネーム入りタオルとバンダナを買求め石丸峠を回って上日川峠まで戻った。またしても上日川峠のロッジ長兵衛の湧水で水割を作り飲んだら最高であった。24日は千頭星山へ行くのだ。シルバーウィークなんてそんなもんは関係無いぜ!毎週水木休みなだけさぁ!

平成21年9月23日 Bianco NERO

朝5時半にYHを出発して7時15分より甘利山と千頭星山を登った。甘利山から富士山・八ヶ岳・大菩薩・金峰山各方面の山々が良く見えた。千頭星山には10時5分に着いた。ここは展望が無い。12時半には甘利山頂に戻れた。朝と異なり全ての景色が霞んで見えた。東屋にザックを置きビノキュラーで下界を見た。甲府は30度を越えたとラジオニュースで聞いたので車を木陰に移動しシェスタとした。

平成21年9月24日 Bianco NERO

親戚の家に泊まりにきたような感覚で良い旅の思い出になりました!

12月17日(木)22時21分
高尾山登頂後、温泉に入りたくて勢いだけで石和温泉まで来ました、が、ホテルはどこも満室なんとかこのYHを見つけることができました。親戚の家に泊まりにきたような感覚で良い旅の思い出になりました。そのうちまた勢いがあるときにふらっときます!

平成21年9月22日 かと

7-11から石和YHにTELを入れたのである!

11月25日(水)22時12分
本当は石丸峠を越え小金沢山(2014.3m)まで行くつもりであった。朝いつもはスッと起床出来るのだが今朝は5時に出発出来ずに1時間遅れて出発となり上日川峠のロッジ長兵衛前のパーキングに10時20分にやっと着いた。道路工事の関係で通行止め10時丁度に一時間開通させるという事であった。先客が6台位居て私以外は大菩薩峠と大菩薩嶺を目指す100名山信者らしく、ネパールまでトレッキングに行くとか景気の良い話をしている信者も居た。私は数年前に登ってるのでひとり石丸峠方面を目指したのだが。いっこうにガスが取れないのである。時間的には後30?40分で石丸峠に到達出来ると思ったが、女性数人の声が後から来るような幻聴が2回聞け登山道を元来た方向へ戻ったのであった。戻れど女性らしき姿はそこには無かったのであるが何とも不思議な出来事であった。ロッジ長兵衛附近でテント設営して野営のつもりであったが、気味悪いので中止して甲斐大和の7-11から石和YHにTELを入れたのである。キャンプで使うべき食料は石和YHの庭の常設デッキにてガスストーブと調理具を出してそれはそれはリッチな夕食になったのである。メニューはシチューとハンバーグ、7-11のおにぎり2ケ石和YH提供の完熟トマトと梨、言わゆるフルコースディナー。それにしてもあの2回の幻聴は何だったのか?上日川峠近くでメスの鹿を見た。デジカメを向けたら飛びはねて去って行った。鹿がはねて逃げるのすごく迫力有った。※上日川峠ロッジ長兵衛の湧き水で造った水割は抜群に旨い!

平成21年9月9日 埼玉の遊び人Bianco Nero

(管理人)Bianco Neroさん、投稿がたいへん遅れました。お待たせして申し訳ありません。また山梨の山登りにお出かけ下さい。

くたくたに疲れましたが、おいしい食事で回復できました!

09月28日(月)14時02分
福岡から北岳を登ってからここへ泊まらせていただきました。北岳はきつい山でしたが、すばらしい景色が見られました。ユースへ着いた時は、くたくたに疲れましたが、おいしい食事で回復できました。明日はまた次の山へ行きます。また、南アルプスへ来るときは泊まらせていただこうと思います。ありがとうございました。

平成21年8月16日 お名前?→ご本人様からのコメントお待ちします。(管理人) 

TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

山梨旅案内人

Author:山梨旅案内人

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

お知らせ
ホールにこのブログの原型となる旅日記ノートを置いています。山梨旅の思い出を綴ってみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。